腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは?
脊椎で頸椎から仙骨までを構成している椎骨には
椎孔という穴が開いていて、1本の管のようになっています
これを脊柱管といいその中を脊髄が通っています

そして腰椎あたりから脊髄の神経の束が、体の各組織
に向けて分かれていきます
この状態が馬のしっぽとよく似ている事から、馬尾神経と
呼ばれています


椎間板は年齢と共に老化していきます。椎体にとげのような
ものが出来たり、椎間関節の靭帯や肥厚して脊柱管を押し
つぶすことがあり、その状態になると馬尾神経が圧迫され
腰痛が起きたり下肢がしびれたり痛んだりする症状のこと
を腰部脊柱管狭窄症と言います。


脊柱管の狭窄は、椎間板ヘルニア、脊椎分離症・すべり症、
変形性脊椎症などがあると起きやすくなります
まれに生まれつき脊柱管が狭い人もいます。
一般には40歳以上になると起こりやすいと言われています

症状は、下肢がしびれたり、足の運びがもつれたりして、
200~300m歩いただけでこのような症状が出てきます。
その場合は、しばらく腰を丸くして休むと、脊柱管が元に
戻るので症状はおさまりまた歩けるようになります。
起床時や寒い時期に出やすいとされています

腰部脊柱管狭窄症が重くなると、仰向けに寝ても足に
しびれが起こり、体を横にして体を丸めないと眠れなく
なります。時には排尿・排便障害も起こすことがあります


予防の為にも、日頃からの「立つ・座る・歩く」の姿勢は
意識をして、神経を圧迫させずに血流を良くしておくことが
大事ですね


本日も最後までお読み頂きまして有難うございました。

受付時間

 10:00 - 13:00

 14:30 - 19:30

※但し、木曜日のみ21:00迄

 定休日

 毎週火曜日

※日曜日及び祝日の営業につきましてはお電話でお問合せ下さい。

ご予約・お問合せ

ご予約優先とさせて頂きます

※当日ご予約可

TEL:072-996-0909

Mail:karada-rakuraku@m01.fitcall.net

 ※Mailでのご予約の場合

施術中は 確認出来ない事が

ありますので ご連絡が遅く

なる事もあります ので

ご了承ください。

2017年

4月

09日

靴の中にインソールを2枚入れる?それ間違ってますから!

続きを読む 0 コメント