骨粗鬆症

こんにちは


今日は『骨粗鬆症』について
どういう病気かと言うと、加齢に伴って骨のカルシクムが流出して骨量が減り、骨がもろくなって骨折しやすくなる病気です。

日本には骨粗鬆症の人は約1000万人いると言われておりその内約70%は女性となっています。


原因は骨がカルシウムを吸着するときに必要なエストロゲンと言う女性ホルモンの不足によって起こります。
女性が50歳前後になって閉経すると、卵巣からエストロゲンが分泌されなくなる為です。
骨粗鬆症になりやすい人は、若いころに運動をしなかった人食生活でカルシウムの摂取が少なかった人、卵巣の病気などで閉経が早かった人、遺伝性、喫煙する人などがあげられるようです


予防としては、骨を強くするという事が重要です。カルシウムだけでなく、カルシウムは体内で吸収されにくいので、吸収を助ける牛乳や魚を多く摂取することや運動をして骨に力が加わることで、カルシウムが骨に吸着され骨が強化されますので、激しい運動はする必要はありませんので、ウォーキングなどの有酸素運動をすることでも十分に効果は表れます。


本日も最後までお読み頂きまして有難うございました。


受付時間

 10:00 - 13:00

 14:30 - 19:30

※但し、木曜日のみ21:00迄

 定休日

 毎週火曜日

※日曜日及び祝日の営業につきましてはお電話でお問合せ下さい。

ご予約・お問合せ

ご予約優先とさせて頂きます

※当日ご予約可

TEL:072-996-0909

Mail:karada-rakuraku@m01.fitcall.net

 ※Mailでのご予約の場合

施術中は 確認出来ない事が

ありますので ご連絡が遅く

なる事もあります ので

ご了承ください。

2017年

4月

09日

靴の中にインソールを2枚入れる?それ間違ってますから!

続きを読む 0 コメント