腰痛の予防法

腰痛の予防法は色々ありますが、やはり肥満にならない事だと思います

過剰な体重は、常に腰や膝に余分な負担をかけてしまいます結果、関節を酷使するだけではなく、動脈硬化症、高血圧症、糖尿病などの生活習慣病を発病させる原因にもなります。


肥満を防ぐには、やみくもに体重を落とすだけではなく、食生活でカロリーを計算して栄養のバランスをとりながら適度な運動をしながら体重のコントロールをしていくことが重要です。

自分の体格に合った体重の計算方法は、BMIを使います。身長(m)×身長(m)×22(BMI)で出てきた数値が標準体重となります
例えば、身長170cmの方であれば
1.7×1.7×22=63.58kgが目安となる体重になります。この標準体重から5kg以上増加してしまうと肥満体質の傾向になっていきます。


また、食生活も薄味で、炭水化物や脂肪の摂取を抑えて、タンパク質、カルシウム、ミネラル、ビタミンを含んだ食品を出来るだけ多く摂るようにします。

カルシウム・・・骨の成分(骨粗鬆症の予防)、牛乳・小魚・海草ごまなど
ビタミンD・・・カルシムの吸収を良くする。ビタミンDを摂って日光に当たり、運動をして骨や筋肉を刺激する。
タンパク質・・・骨や筋肉をつくる栄養素。タンパク質が不足すると代謝が落ちて、血管がもろく

         なります。脂身の少ない赤身の肉、魚、卵、大豆類などが有効
ビタミン類・・・骨の結合組織を作るのにビタミンC、神経の働きを正常に保つビタミンB群、血管

        の老化を防ぐビタミンE、野菜、果物、海草、大豆類など

それから、早食いも肥満の原因になるので食事のときは、良く噛んでゆっくり食べて、少ない量でも脳が満腹感を感じることが重要ですね


本日も最後までお読み頂きまして有難うございました。

受付時間

 10:00 - 13:00

 14:30 - 19:30

※但し、木曜日のみ21:00迄

 定休日

 毎週火曜日

※日曜日及び祝日の営業につきましてはお電話でお問合せ下さい。

ご予約・お問合せ

ご予約優先とさせて頂きます

※当日ご予約可

TEL:072-996-0909

Mail:karada-rakuraku@m01.fitcall.net

 ※Mailでのご予約の場合

施術中は 確認出来ない事が

ありますので ご連絡が遅く

なる事もあります ので

ご了承ください。

2017年

4月

09日

靴の中にインソールを2枚入れる?それ間違ってますから!

続きを読む 0 コメント