出生前検査で解る事?

こんにちは。

リピート率88%以上、女性からの口コミが多数!

八尾市で整体行くならボディ・バランスRAKURAKUへお任せ!

腰痛・肩こり・頭痛などは勿論!、産後の骨盤矯正、小顔整顔矯正、骨盤ダイエット整体などの美容整体、更に姿勢矯正、ウォーキングレッスンなど豊富な施術MENUで

お客様に合わせたオーダーメイドで施術を行っていきますので安心してご来院頂けます!

 

高齢出産で気になる事のひとつとして、出生前検査があります。
高年で妊娠中のママの中には、赤ちゃんが健康な子供として生まれるかどうか知りたいと思っている人が多いと言われています。

30代、40代での妊娠は20代に比べて統計的に胎児の異常が増加する傾向にあると言われています。
染色体異常のひとつであるダウン症候群の子どもが生まれる確率は、母親が25歳で1,351人に1人、30歳で909人に1人35歳で384人に1人、40歳で112人に1人と年齢と共に
上がると言われています。


出生前検査は妊娠9~18週ごろに行われます。しかし、実際受けるかたは、知っていた・知らなかったに関わらず2割弱ほどのようです。

検査を受けて、特に異常がない事が解って安心して妊娠生活を送る方もおられますが、逆に検査の結果、異常が判明したことで育てる自信がなくなり、産むのを断念した方もおられます。

障害のある子供を持つ家族からは、出生前検査が障害者を否定する事になりかねないという意見があり、検査に反対する声があったり、産婦人科の間でも意見は分かれます。

最終的には、検査を受けるかどうかの選択は、産むママと父親になるパパとの間でよく話し合って決めることが大切になってくるので慎重に判断しましょう

 

本日も最後までお読み頂きまして有難うございました。 

受付時間

 10:00 - 13:00

 14:30 - 19:30

※但し、木曜日のみ21:00迄

 定休日

 毎週火曜日

※日曜日及び祝日の営業につきましてはお電話でお問合せ下さい。

ご予約・お問合せ

ご予約優先とさせて頂きます

※当日ご予約可

TEL:072-996-0909

Mail:karada-rakuraku@m01.fitcall.net

 ※Mailでのご予約の場合

施術中は 確認出来ない事が

ありますので ご連絡が遅く

なる事もあります ので

ご了承ください。

2017年

4月

09日

靴の中にインソールを2枚入れる?それ間違ってますから!

続きを読む 0 コメント