スポーツシューズの歴史

こんにちは。

リピート率88%以上、女性からの口コミが多数!

八尾市で整体行くならボディ・バランスRAKURAKUへお任せ!

腰痛・肩こり・頭痛などは勿論!、産後の骨盤矯正、小顔整顔矯正、骨盤ダイエット整体などの美容整体、更に姿勢矯正、ウォーキングレッスンなど豊富な施術MENUで

お客様に合わせたオーダーメイドで施術を行っていきますので安心してご来院頂けます!

 

 

 

昨日は、靴の歴史についてアップしましたが、今日はスポーツシューズ、主に

ランニングシューズの歴史について。

 

60年前に開発されたマラソンシューズは、地下足袋型でしたが、足の甲の部分には

しっかりとフィット性を高めるパーツが搭載されていました。

 

そして、1959年には、つま先部分に通気性を高めたベンチレーション構造

呼ばれる機能が搭載され、蒸れによるマメや水膨れなどの悩みを解消するシューズ

が誕生。

 

1964年の東京オリンピックでは更に進化を重ねて、ゴムスポンジソールを

採用する事で、軽量性・耐久性・クッション性を実現。

 

1970年代に入ると、余暇にジョギングを楽しむ人が急増して、ジョギングシューズ

というカテゴリーが誕生して、ランニング愛好者向けにミッドソールと言う機能を

搭載して、アスリート用とは異なる足の保護や衝撃を緩衝する素材を使用するように

なった。

 

1980年代に入ると、ウォーキングシューズというカテゴリーが開発されます。

ランニングシューズの技術がビジネスシューズやファッションシューズなどに

広く応用されるようになってきました。

 

このように、わずか半世紀の間に靴は飛躍的に進化を遂げてきました。 

 

本日も最後までお読み頂きまして有難うございました 

 

受付時間

 10:00 - 13:00

 14:30 - 19:30

※但し、木曜日のみ21:00迄

 定休日

 毎週火曜日

※日曜日及び祝日の営業につきましてはお電話でお問合せ下さい。

ご予約・お問合せ

ご予約優先とさせて頂きます

※当日ご予約可

TEL:072-996-0909

Mail:karada-rakuraku@m01.fitcall.net

 ※Mailでのご予約の場合

施術中は 確認出来ない事が

ありますので ご連絡が遅く

なる事もあります ので

ご了承ください。

2017年

4月

09日

靴の中にインソールを2枚入れる?それ間違ってますから!

続きを読む 0 コメント