足裏の3つのアーチの役割

こんにちは。

リピート率88%以上、女性からの口コミが多数!

八尾市で整体行くならボディ・バランスRAKURAKUへお任せ!

腰痛・肩こり・頭痛などは勿論!、産後の骨盤矯正、小顔整顔矯正、骨盤ダイエット整体などの美容整体、更に姿勢矯正、ウォーキングレッスンなど豊富な施術MENUで

お客様に合わせたオーダーメイドで施術を行っていきますので安心してご来院頂けます!

 

足裏には体のバランスを保つ為に3つのアーチが存在します。

実際、この3つのアーチがどのような役割を担っているのか説明していきます。

 

まず、親趾内側の土踏まず側にある内側縦アーチ、小趾外側の外側縦アーチ

踏みつけ部(前足部)の5つの中足骨先端から成る横アーチになります。

 

アーチの役割は?

①蹴りだす力を伝える(バネの機能)

 加えられた力によってアーチが崩れることを抑えて蹴る力を地面に伝える。

②衝撃の緩衝(クッションの機能)

 加えられた力によって、アーチがしなり、衝撃を和らげる。

③足底の筋肉や神経の保護(プロテクションの機能)

 繰り返し加えられる踏みつけ動作から、足底の筋肉や神経などの組織を保護。

これら3つの機能が連携し、走った時などに受ける大きな衝撃から足が守られ

スムーズな走動作に結びつく。

 

歩くときに足に加わる力は体重の約1.2~1.5倍、走った時に加わる力は

体重の約3倍と言われています。例えば体重70kgの人が走った時には

約210kgの衝撃が加わることになります。

 

その為、大きな力を受け止めるためには、足の3つのアーチは足が生来持つ

クッショニングシステムとして重要な役割を果たしている。

しかし、正常なアーチを保っている人ばかりではありません。二足歩行を

している人間の足の骨は内側に倒れやすい構造になっています。

 

その為、加齢・体重増加・過度なスポーツによる疲労の蓄積、捻挫などのケガ

運動不足などでアーチが崩れて、その機能が低下してしまいます。

アーチの機能が低下すると、偏平足・外反母趾・巻き爪・開帳足など足のトラブル

の原因となり、姿勢悪化につながり最終的には体のゆがみとなり体の不調を

引き起こしてしまう結果となります。

 

 

本日も最後までお読み頂きまして有難うございました 

 

受付時間

 10:00 - 13:00

 14:30 - 19:30

※但し、木曜日のみ21:00迄

 定休日

 毎週火曜日

※日曜日及び祝日の営業につきましてはお電話でお問合せ下さい。

ご予約・お問合せ

ご予約優先とさせて頂きます

※当日ご予約可

TEL:072-996-0909

Mail:karada-rakuraku@m01.fitcall.net

 ※Mailでのご予約の場合

施術中は 確認出来ない事が

ありますので ご連絡が遅く

なる事もあります ので

ご了承ください。

2017年

4月

09日

靴の中にインソールを2枚入れる?それ間違ってますから!

続きを読む 0 コメント