年をとると足の幅が広くなる

こんにちは。

リピート率88%以上、女性からの口コミが多数!

八尾市で整体行くならボディ・バランスRAKURAKUへお任せ!

腰痛・肩こり・頭痛などは勿論!、産後の骨盤矯正、小顔整顔矯正、骨盤ダイエット整体などの美容整体、更に姿勢矯正、ウォーキングレッスンなど豊富な施術MENUで

お客様に合わせたオーダーメイドで施術を行っていきますので安心してご来院頂けます!

 

年齢を重ねると、軽い靴やゆったりとした靴を好む人が多くなります。

その理由のひとつとして、加齢による足の変化が挙げられます。

 

あるショップのデータによると、足長は体格の変化で30年前と比較して

約5mm長くなっているようです。その反面、足囲(幅)は経年変化が小さい

結果であった為、加齢によって太くなる判断のようです。

 

確かに、年を重ねると筋肉量の減少や運動不足の為アーチが崩れることを

考えると納得の理由かも知れません。

また、足囲と同様に経年変化が大きく見られるポイントは、踏まず囲・

かかとの幅・かかとの前傾角度・第一趾側角度などがあるようです。

 

特に、やはり50代女性は更年期障害や閉経などの生理的変化が出る時期

なので、非常に足の変化との関連性があると思われます。

 

そして、以前はかかとが外反して足首が内側に倒れる外反偏平足タイプ

が多いと言われていましたが、最近ではかかとの外反が少なくなって

足が外側に広がるような、O脚タイプが多くなっているようです。

 

これもまた、10代、20代の頃の履く靴のタイプや歩き方などが

原因しているのかも知れません。特に女性の方は要注意だと思います。

 

本日も最後までお読み頂きまして有難うございました 

 

受付時間

 10:00 - 13:00

 14:30 - 19:30

※但し、木曜日のみ21:00迄

 定休日

 毎週火曜日

※日曜日及び祝日の営業につきましてはお電話でお問合せ下さい。

ご予約・お問合せ

ご予約優先とさせて頂きます

※当日ご予約可

TEL:072-996-0909

Mail:karada-rakuraku@m01.fitcall.net

 ※Mailでのご予約の場合

施術中は 確認出来ない事が

ありますので ご連絡が遅く

なる事もあります ので

ご了承ください。

2017年

4月

09日

靴の中にインソールを2枚入れる?それ間違ってますから!

続きを読む 0 コメント