足と靴のトラブル 関節で起こるケガ(捻挫)

こんにちは。

リピート率88%以上、女性からの口コミが多数!

八尾市で整体行くならボディ・バランスRAKURAKUへお任せ!

腰痛・肩こり・頭痛などは勿論!、産後の骨盤矯正、小顔整顔矯正、骨盤ダイエット整体などの美容整体、更に姿勢矯正、ウォーキングレッスンなど豊富な施術MENUで

お客様に合わせたオーダーメイドで施術を行っていきますので安心してご来院頂けます!

 

 

足に合っていない靴を履いて起こるケガでは、『足首の捻挫』があります。

捻挫とは?

関節の可動範囲を超えるような動きが発生した時、関節を包む組織である関節包や骨と骨をつなぐ靭帯、またその周辺の筋肉などが損傷した状態の事。

捻挫は足首・手首・指で起こりやすく、痛みや腫れ、熱感などの炎症を起こす症状が発生します。

 

足首の場合、足首が内側に曲がりすぎる、かかとが内反して起きる捻挫のケースが多くを占めている。

 

捻挫をしてしまった場合の対処は?応急処置のRICEが重要!

①R(Rest:安静)・・・安静を保ち、損傷の拡大を防ぐ

②I(Ice:冷却)・・・冷水や氷で患部を冷やし、血管を収縮させ腫れや炎症をコントロールさせる。

③C(Compression:圧迫)・・・患部を適度に圧迫する事で腫れや炎症をコントロールする。

④E(Elevation:拳上)・・・患部を心臓より高い位置にする事で患部への血液の流入を抑え、腫れや炎症が引きやすくなる。

①~④を15~20分程行い、1時間ほど間隔を空けて繰り返し行い、その後は医師の診察を受けるようにしましょう。

 

足首の捻挫からの回復の確認は、足首を色々な方向に動かしてみて違和感や痛みがないかを確認します。

そして、問題なければ再発防止として足首周りのストレッチや筋力トレーニングを行います。

①立った姿勢で、膝を伸ばしたまま、カカトを上げ下げする運動

②トレーニングチューブを使って足首の運動に負荷をかけるトレーニング

が効果的です。

 

再発防止としては、足首周りの柔軟性の向上も効果的です。柔軟性の向上は、動きをコントロールできる範囲を広げ、筋肉にかかる負担を軽減しますので日頃からのストレッチなどを継続的に行うことは重要です。

 

本日も最後までお読み頂きまして有難うございました 

 

受付時間

 10:00 - 13:00

 14:30 - 19:30

※但し、木曜日のみ21:00迄

 定休日

 毎週火曜日

※日曜日及び祝日の営業につきましてはお電話でお問合せ下さい。

ご予約・お問合せ

ご予約優先とさせて頂きます

※当日ご予約可

TEL:072-996-0909

Mail:karada-rakuraku@m01.fitcall.net

 ※Mailでのご予約の場合

施術中は 確認出来ない事が

ありますので ご連絡が遅く

なる事もあります ので

ご了承ください。

2017年

4月

09日

靴の中にインソールを2枚入れる?それ間違ってますから!

続きを読む 0 コメント